Brain Trainとは

ブレイントレイン名古屋について

ブレイントレインは、日本の各地域に、心理カウンセリングと心理教育を根付かせたいという思いから、各地域に拠点を持つ数名の有志と協力して立ち上げられました。

その後も、よりよい支援を実践するために、情報共有をしたり、研修会を実施したり、相互スーパービジョンをしたりして、切磋琢磨し、支援力の向上に努めています。

一方、それぞれの運営は独立しており、方針はそれぞれの拠点によって違いがあります。

ブレイントレイン名古屋では、「心の成長」という観点を大切にしています。

心理カウンセリングにおいては、もちろん、今、目の前にある課題を改善していくことが第一の目的ですが、そのプロセスを「人生における心の成長のプロセス」と考えると新しい視界が開けてきます。

身長は、おおよそ20歳ころまででいったん止まりますが、心は、どこまでも成長していこうとしている、と考えてみます。

支援にあたっては、長期的視点も大切にしています。

私は、心理カウセリングと心理教育から、幸福度の高い社会の実現に寄与していきたいと考えています。

 

 

なお、ブレイントレイングループ全体のコンセプトは、以下の通りです。

 

脳と心の学校

グループ理念 「もの」も「こころ」も豊かな社会の実現

ビジョン(実現したいこと)

私達は、上質な学びとサービスの提供により、地域が元気な社会を実現します。

大人が夢を語り実現している社会の実現します。

子どもが自らの可能性と明るい未来を信じている社会を実現します。

行動基準

1. 無批判

私達は、世界が良くなるためのさまざまな方法と考え方を尊重します。
批判が解決にならないことを私たちは知っています。

2. 利他心

「働く」は「傍楽」=人の役に立つことです。
本当に役立つことのみを私達は提供します。

3. 優秀性の追求

教育者とは、学び続ける人のことです
成長の可能性は無限であると信じています
私達がまずそれを実践します

代表 灰谷孝のメッセージ

あなたの人生の転機は、いつでしたか?

その時、どんな体験があったでしょうか?

その時に、大切な人との出会いがあったかもしれませんし、忘れられないような出来事があったかもしれません。

私の好きな『恩送り』という言葉があります。

恩送りとは、『自分が受けた恩を直接その人に返すのではなく別の人に送ること』です。

どんな出来事や出会いも、今の私を創ってくれた。

それを周りの人や次世代に渡していくことこそ、豊かさであると考えます。

また「利他性」という言葉が、宗教的または哲学的な分野を超えて、ビジネスや経営の考え方の中でも取り上げられているのは、とても注目すべきことです。

経済的な成功だけが、決して豊かさにはつながらないことが、様々な分野で議論されています。

私たちは、生きていくうえで本当に大切な知恵を、最新の科学的アプローチを取り入れた誰でも活用できる形で、皆さんの地元において、提供します。

ブレイントレイングループは、地域を、大人を、子どもたちが、もっと元気になる小さな灯になることを目指しています。

そして、「学びたい」「変わりたい」「幸せになりたい」と思っている方々のお力になれて、心から嬉しく思います。

本当にありがとうございます。

ブレイントレイン代表 灰谷孝