ヒプノセラピー

前世療法とは?

それは・・・あなたが普段は気付いていない遠い昔の出来事・・・
時空を超えた素晴らしい体験がそこにはあります

催眠療法で、前世の記憶・イメージを想起し、
追体験、振りかえりを行うことで、様々な気づきを得る一つの方法です。
では、どんな気づきが得られるのでしょうか?

自分の今世でのあるべき姿、やるべきことは何か?を知る(魂の計画は何であるのか?)
何をしようとして今、存在しているのか?存在の価値を知る。
今抱えている問題、病の訳を知る。または、その軽減や解消つながる。
死に対する恐怖感を軽減する。または、今までとは違った理解を得る。
今世、関わっている人たちとの前世での関わりやその意味を知る。
トラウマなど、前世との関わり。

このようなことに気付いていけるのが前世療法の素晴らしさです。
自分の中の奥深くに眠っている前世の記憶を取り戻し、思いだすことで、今、生きていることの生かされていることの意味を知ることでしょう。

「心と身体と魂」の理解をすること。それが自己スピリチュアルの成長となるのです。

アメリカの精神科医ブライアン・ワイス博士によって、近年、前世療法という言葉を世界に広められました。
既にアメリカでは、1958年、米国医師会は催眠療法を有効な治療法として認めています。
故に、宗教や魔術ではなく、また害もなく、恐ろしいものではないのです。

セッションは医療行為ではありません。

セラピストに協力する態度で臨んでください。
否定感ではなく、受け入れる姿勢で臨んでください。
決してあきらめないで臨んでください。(私もあきらめません)
医療施設で治療中の方は、主治医の承諾をお願いいたします。
すべて自己責任のもとでお受け下さい。

セラピストは、全身全霊であなたとのセッションに取り組みます。真剣です。
あなたも同じ気持ちでセッションに望んでください。

催眠とは?

みなさんの中には、TVの催眠ショーなどで見ているようなマジック、または、オカルトだと思われている方が
多いのではないでしょうか?
意識がなくなってしまうのでは? いいえ、大丈夫です。

意識を奪われることも失うことも一切ありません。

言いたくないことを言わされることも全くありません。

反対によりクリアな意識状態であることにみなさん驚かれるくらいなのです。

ですから、催眠から解けなくなるとか、依存症あるいは中毒になるといったことはあり得ないのです。

催眠とは、2つの意識が繋がっている状態です。

2つの意識とは、顕在意識と潜在意識であり、その2つの間には膜があります。
(クリティカルファカルティと呼ばれています)
その膜が開いているまたは、通り易くなっていると思ってください。

誘導によって、変性意識(トランス)状態へと導き、2つの意識を繋げます。言葉にすると恐ろしく感じますが、とても心地の良い状態でもあります。

例えば、

あなたは本を読みますか?

映画を見ますか?

あるいはスポーツ・その他趣味はありますか?

それを行っている時、どんな状態になっていますか?

本や映画の内容に入りこんで、笑ったり泣いたり、感動したりしていませんか?
スポーツをしているとき、趣味に没頭している時、時を忘れてしまうくらい夢中になっていませんか?
あるいは、眠りに就く瞬間や朝の目覚めたとき、何とも言えない心地よさを体験したことはありませんか?

これらの感覚と似ていると思ってください。
潜在意識は、刺激(暗示)に対して肉体反応を起こしますが、顕在意識は認識できません。

たとえば、梅干しを口に入れたと想像した時、唾液の分泌が増えますよね。 これが肉体反のです。これは、潜在意識の仕業で顕在意識で唾液を文筆させようとした訳ではありません。顕在意識が認識できるのは、「唾液の分泌が増えた」という結果だけです。 私たちは、日常生活で催眠状態を常に体験しているのです。ですので、催眠にかからない人もいない、という訳です。 ただし・・・かからない方はおられます。それは「私は絶対にかかりたくない!」と思われる方だけです。

注) わたしたちヒプノセラピストは、無理に何かを変えさせようと誘導したり、強引な悪質な暗示をかけたりすることはいたしません。

催眠療法とは?

人為的にトランス(催眠)状態をつくりだし、暗示やイメージで意識をリプログラミング(再構築)します。
では、催眠によって何ができるのでしょう?
自己啓発、自己(習慣・癖・行動など)のコントロール

リラクゼーション

痛みのコントロール

ストレスマネージメント …など

など 潜在意識下にダイレクトに働きかけていくことで、自分の望む状態へといち早く変革をもたらします。

 

 

■米国催眠士協会(NGH:National Guild of Hypnotists)の認定証の年度更新について

NGH認定のヒプノセラピストとなった方にはNGHの認定証が発行されます。

この認定証は初回発行日から1年間有効で、期限がくれば更新料の支払いによる会員資格の更新が必要となります。

NGH認定ヒプノセラピストという呼称は認定証が更新されていない場合は使えませんのでご注意ください。

初年度の入会費は受講料に含まれていますので、受講を修了して1年後に最初の更新時期が来ます。

NGHの会員には期限到来の少し前にNGHからメール等で更新の案内が送られてきますので
その案内に従って更新してもいいですし、NGHのウェブサイトからもご自分で更新することが可能です。

 

■NGHのウェブサイト経由の更新方法
1) NGHのウェブサイトを開きます(http://ngh.net/)
2) ”Membership”から,”Applications”のページに入り, “Renewal”,をクリックして、更新のページに入ります
3) クリックすると、以下の更新申込フォームに移ります。フォームを記入して下さい

①会員の種類を選択
選択欄で “International Certified Membership Renewal”(NGH国際認定会員の更新)の下にある
更新希望期間1年、2年、3年のうちから一つ選択します。
1年更新の更新料が125ドル、2年更新が240ドル、3年更新が360ドルです。
②証明書の表記を選択
認定証の表記を
“Associate Member”(準会員)
“Certified Hypnotist”(認定催眠士)
“Certified Hypnotherapist”(認定催眠療法士)
“Certified Consulting Hypnotist”(認定コンサルティング催眠士)にするかを選択します。
日本で活動する場合、通常は3番目のCertified Hypnotherapist(認定催眠療法士)を選択します。
これをクリック!

③Eメールアドレス
④名(ローマ字)
⑤姓(ローマ字)
⑥肩書き、役職(※記入の必要は無い)
⑦所属組織(※記入の必要は無い)
⑧電話番号
日本の電話番号を記入する場合は、日本の国番号81を入れ、
市外局番の最初の0を取った数字を記入します。
例:0123456789→81123456789
⑨ファックス番号(※記入の必要は無い)
日本のファックス番号を記入する場合は、日本の国番号81を入れ、
市外局番の最初の0を取った数字を記入します。
例:0123456789→81123456789
⑩住所番地
⑪都市、町
例、岡崎市葵町→Okazakishi, Aoicho
⑫都道府県名
例、愛知県→Aichi
⑬郵便番号
⑭国名
⑮現在のヒプノ営業スタイル
“Full Time Practice”(専任、常勤)
“Part Time Practice”(パートタイム、非常勤)
“Not Practicing at this time”
(現在行っていません)
⑯クライアントがNGHを通してヒプノティストを
紹介してほしいと依頼があった場合
“I do want to receive referrals – Active Referral
Database Listing”(紹介してほしい)
“I do NOT want to receive referrals
– Inactive Referral Listing”(紹介は必要ない)
⑰継続勉強
1年間のヒプノの勉強時間を記入
⑱NGHの会員番号
⑲追加情報
(更新のための通知をNGHから受け取った場合、その案内を受けた手段(電子メール/メール/ファックス)を記入して下さい)

㉑クレジットカード所有者の名前(ローマ字)
㉒クレジットカードの番号
㉓クレジットカードの有効期限(月/年)
㉔クレジットカードの請求先住所とこのフォームに記載した住所が違う場合はここにクレジットカードの請求先住所を記入してください
㉕表記されているアルファベット、数字を記入して下さい
4) 記入が終わったらクリックして下さい
5)内容に不備があると”Form Problem”エラー箇所を指摘するページになりますので、今一度チェックをして送信してください。
エラーページが出なければそのままちゃんと送られています。
新しい認定証がNGHから送られて来るまでには通常3週間から2ヶ月ほどかかりますのでしばらくお待ち下さい。

 

■NGHの認定証の年度更新手続き代行サービス(有料)

当スクールでマスターコースを受講してNGHの会員となった方で、ご自分で更新をするのが難しい場合は当スクールのNGH年度更新手続代行サービス(有料)を利用することができます。

このNGH更新手続代行サービスはNGHへの英文更新申し込みフォームの記入・送付、年会費の払い込み、新しい認定証等の手配を会員に代わって行ない、認定証が 確実にお手元に届くまでを責任をもってフォローします。

認定証の表記は特別希望がなければ”Certified Hypnotherapist”(認定催眠療法士)となります。

NGH更新手続代行サービス(有料)をご希望の方は、
(1)氏名(ふりがな)
(2)郵便番号と住所(ふりがな)
(3)電話番号
(4)NGH認定証の会員番号(もしもあれば)と認定証取得年月
(5)更新希望期間(1年、2年、3年から選択)
(6)この1年間で催眠関連で費やした時間数
をご記入のうえ、メール件名に「NGH更新手続代行サービス希望」と書いてメール(kengymultiple@gmail.com)にお送りください。
折り返し、更新代行をお受けした旨のご案内と振込み口座をお知らせしますので

NGHの会費と更新手続代行手数料等をあわせて、
1年更新の場合18,000円(税込)、2年更新の場合32,000円(税込)、3年更新の場合46,000円(税込)、をこちらが指定する銀行口座にお振込み下さい。入金の確認をもってお申し込みの受付となります。
新しい認定証がNGHから直接更新者の住所に送られて来ます。
通常2週間から2ヶ月ほどで届きますのでしばらくお待ち下さい。